調理師免許を取りたい

資格でスキルアップ

調理師免許を取りたい

調理師の資格取得を目指している方、どうすればその資格が取れるのかを考えてみましょう。
免許の取得方法には二つあります。

ひとつは調理師資格の試験を受けることです。
その資格を取るためには資格試験を受講する必要があります。
加えて試験を受けるための受験資格がありますのでまずはそれをクリアしなくてはいけません。
それは実務経験が2年以上あるとういことです。
ちなみにそれに該当する業務とは、給食を提供する施設、飲食店、惣菜や魚介類を販売するお店での勤務経験になります。
気になる試験の難易度は基本的なことがしっかり押さえられていれば、十分合格できる可能性は高いです。
加えて高校を卒業した程度の学力が必要となります。

また資格試験を受けなくても免許を取る方法があります。
それは所定の学校で専門課程を学ぶことです。
厚生労働大臣が指定する学校にて定められた期間学び、修了が認められると免許が与えられるのです。
どちらの方法を選ぶのかは自分でよく考えてみましょう。

調理師、就職・求人率高い

調理師になるには大きく分けて2つの方法があります。
一つは厚生労働大臣の認可した養成施設を卒業し、各都道府県に免許の申請をする方法です。
調理師専門学校を卒業した人の就職率は80~90%に上り、即戦力になる人材として期待されます。
もう一つは実務経験を積んだ後、調理師免許試験に合格する方法です。
後者は中学校卒業以上の学歴があり、2年以上の実務経験が必要であり、周4日以上かつ1日6時間以上勤務していた証明書を雇用主・事業主に書いてもらいます。
また実務経験として認められる職種(飲食店、惣菜製造業、魚介類販売、学校・病院・寮等の給食施設)も細かな規定がありますので注意して下さい。
試験は特典60%以上で合格、複数の都道府県での掛け持ち受験もOKとなっており合格率が高めの資格になります。
就職は、有名ホテルやレストランにこだわらなければ比較的就職の間口が広いといえます。
外食産業が盛んな昨今需要が多い職種ですが、反面離職率が高い職種でもあり、勤務時間の長さや仕事のハードさ賃金の低さなどが原因になっています。
しかし何らかの理由で職場を辞めることになってもやはり再就職がし易いのですが、離職を繰り返していてはキレイな経歴と言えません。
有名店、格式のある店ほど正規雇用の枠は少なく、アルバイトや契約からの見習いスタートが多いです。
しっかりと経験を積み、いつか自分の店を持つ、経営者になるといった目標がある方はまい進することです。

check

テレビや雑誌、企業からもノウハウ提供を依頼された情報サイト

在宅中国貿易で稼ぐ

人気のリスト作成ツールを使いたい方は要チェック!

情報収集代行.com

Last update:2017/8/30